アフィリエイト


by mi5ly84avh

<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 鳩山由紀夫首相は5日午後、都内の東京工業大学で理工系の大学院生らを相手に講演した。同大学は、菅直人新首相の母校。鳩山氏は「私よりも10倍も1000倍も頭の切れる方」と菅氏をまずは絶賛。続けて、「イラ菅」と呼ばれる「切れやすい」性格にひっかけて、「頭が切れすぎる」と指摘し、「次の首相に向かって何を言ってるんでしょうか」と述べると、会場からどっと笑いが起きた。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相が退陣〜
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
〔写真特集〕鳩山首相、苦悩の1カ月
新首相でも普天間解決困難=谷垣氏
菅氏になりすましツイッター=民主が注意喚起の文書

野球賭博報道で阿武松親方から相撲協会事情聴取(読売新聞)
追いつめられた小林議員 声震わせ「14日にお話を…」(産経新聞)
<東京都檜原村>住民訴訟で敗訴の村長「賠償金払えない」(毎日新聞)
朝の地下鉄御堂筋線が一時運休4万人影響 大阪、駅で人身事故(産経新聞)
民家火災で74歳男性死亡 東京・足立(産経新聞)
[PR]
by mi5ly84avh | 2010-06-11 23:59
 仏サノフィ・アベンティスグループのクリストファー・A・ヴィーバッハーCEOは5月27日、東京都内で記者会見し、国内後発医薬品最大手の日医工と資本・業務提携し、日本の後発品市場に参入するとの同日の一部報道について、「日本の後発医薬品市場には非常に興味を持っており、パートナーと話し合いを進めている」とした上で、「成功裏に進めば正式に発表する」と述べた。

 また、日本で今年度から導入された「新薬創出・適応外薬解消等促進加算」などを含む新薬価制度について、「研究・開発を評価する大きなメッセージ。日本政府に歓迎の意を表したい」などと述べ、世界に遅れることなく日本でも臨床試験を進める意向を示した。

 このほか、昨年の日本での業績については、売上高が約2700億円で、日本で活動している製薬企業のランキングでは10位だったが、抗血小板剤プラビックスや糖尿病治療薬アマリール、睡眠導入剤マイスリーなどでさらに成長が見込めるなどとして、今後5年間で5位以内に入るとの意気込みを見せた。


【関連記事】
糖尿病領域の活動強化でビジネスユニット創設―サノフィ・アベンティス
患者・家族への支援活動を顕彰−脳卒中協会が「サノフィ・アベンティス賞」
サノフィのGLP−1受容体作動薬で有意にHbA1c値低下
「糖尿病初の再生治療薬になる可能性」―仏サノフィ導入の新規化合物
世界製薬大手12社が増収

「口におしぼり」虐待の特養、千葉市が行政処分(医療介護CBニュース)
昨夏から資金繰り悪化か=従業員給与支払い滞る―200億流れ解明へ・岡本ホテル(時事通信)
元税理士の男を不起訴=元妻の娘との婚姻届提出―神戸地検支部(時事通信)
<口蹄疫>ワクチン接種ほぼ終了 進まぬ「牛豚ゼロ地帯」(毎日新聞)
<肝臓幹細胞>皮膚から作成成功 薬品検査に有用−−国立がんセンター(毎日新聞)
[PR]
by mi5ly84avh | 2010-06-02 01:42