アフィリエイト


by mi5ly84avh

<   2010年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

 裁判員が判決を検討する際に参考にする「量刑検索システム」(最高裁作成)のデータに誤りが見つかった問題で、これまで各地裁で入力された全判決データ約3200件の点検作業を進めていた最高裁は8日、新たに19件の入力ミスが見つかったと発表した。ミスの内訳は懲役10年を12年と入力するなど量刑の間違いが10件、覚醒(かくせい)剤密輸事件での密輸量などの間違いが9件。

 最高裁によると、ミスが発覚したのは、全国9地裁2支部。量刑の最大のミスの幅は2年で、仙台地裁で殺人罪に問われた被告の判決、懲役10年を懲役12年と誤入力するなど4件あった。罪名別では殺人罪3件、強制わいせつ致傷罪などの性犯罪5件、強盗致傷罪が2件だった。覚醒剤事件では、密輸量1グラムとすべきところを3グラムと誤入力していたケースや、譲渡量38グラムと入力すべきところを入力していなかったケースがあった。

 対策としては、当面は地裁の担当者らが複数で入力データをチェック、最高裁でも各地裁から判決文を集めてデータとの照合作業を行う。

 同システムは、裁判員が判決を検討する際に示されるもので、平成20年4月以降の類似事件の量刑を検索できる。問題をめぐっては、昨年12月に東京地裁で開かれた覚醒剤密輸事件の裁判員裁判で、同システムをもとに弁護側が法廷で過去の類似事件の判決例を示したが、データにあった密輸量が一けた多いなど、入力ミスが相次いで3件発覚。最高裁は全データ3202件の確認作業を進めていた。

 最高裁は「すべて単純な入力ミス。裁判員に『大まかな量刑を把握してもらう』というシステムの機能を考えれば問題はなかった」と話している。

【関連記事】
2日連続…量刑検索システムのデータに誤り 東京
量刑データ点検指示 最高裁、各裁判所に
裁判員裁判、“国民目線”で傍聴 福岡弁護士会が市民モニター制度
裁判員「事実関係に問題があれば、この日程では無理」
量刑判断 自分の結論出せますか

漁師の花道
最近のキャバ嬢事情
パチンコ攻略
債務整理無料相談
ショッピング枠現金化
[PR]
by mi5ly84avh | 2010-01-09 08:39
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。(了)

お歳暮の選び方
北海道の風景
携帯ホームページ
クレジットカード現金化
ライブチャット
[PR]
by mi5ly84avh | 2010-01-06 09:53